かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク


information

 < HOME
Ronique「冬のかぎ針あみこもの」製作こばなし-9-
2017.09.21


こちらは、amazon画像の5つ目の作品です。

かわいいモデルさんが羽織ってくれているショールの全貌は、このような形。

アシンメトリーな三角形です。
海外コンシャスな作品。

いつも、家にこもって編み物をしていますが、編み物の楽しさって万国共通だと思うと、一気に世界が広がるというか…

海外のスーパーマーケットに入ると、ものすごくワクワクしてしまう、あの感覚が編み物にもありますね〜♪

海外の編み物といえば、草原や砂浜で、ぱぁっとショールを広げている写真が思い浮かんできます。

うわぁ〜ステキ!となるのですが、パターンは英語だし、ほぼ棒針編みなので、かなりハードルが高いという現実。

かぎ針編みでも、そんな気分に近づきたくて編んだのがこのショールでした。

お色が変わると印象ががらっと変わりそう。


編み方の説明が、日本では編み図、海外ではテキストがほとんど。

編み図で表現しにくい動きを、テキストはたくみに説明してくれて、アバウトでいいところを、そう伝えられるのも便利。

そして、編み図が素晴らしいのは、
言葉がいらないこと。
ひと目で全体像が分かること。
法則性を見つけやすいこと。

これはやはり、非常に優れていますよね。

となると、
「編み図+補足的なテキスト」
という組み合わせができる日本の編み物環境っていいなぁと、あらためて思ったりします。

旅をして帰ると我が家の良さが分かる、というか。
慣れたものを気に入っているのかもしれません。


そんなことを思い起こしてしまう、ちょっとバタ臭い作品のご紹介でした。


今日もお読みいただき、ありがとうございます!
trackback URL
trackback list
comment list
[コメント投稿フォーム]

name(nickname)

URL

message

- CafeNote -