かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク


information

 < HOME
Ronique「冬のかぎ針あみこもの」製作こばなし-12-
2017.09.30


久しぶりになりましたが、こばなしです。
いつもおつきあいありがとうございます♪


編み地のアップを載せたくなったこちらは、ビーズ編みのポーチ(の背中側)です。

ビーズ編みというと、滑りが良くて丈夫なレース糸などが向いているのは重々承知なのですが…。

毛糸とビーズをふと近づけた瞬間、この組み合わせで編まずにはいられなくなりました。
あまりにもかわいかったので❤︎

糸選びで気になったのは、糸の強度と結び目の出現についてでした。

強度については、ウールなので、糸を切ろうとして両手に持って引っ張ると切れますが、普通に編むにはそのような動きはない⁈ですね(笑)。
使用糸は、太さも均一で編みやすく、しっかりしたウールでいいなと思いました。

糸への負荷として注意すべきは、編んでいるうちにビーズが手元に詰まってきて、向こうへと送るとき。

あまりたくさんの量を一気に押し下げると糸に負担がかかるので、出来るだけ、糸が強く引っ張られない程度の量を、少しずつ送っていくようにしてみてください。

完成してしまえば、部分的に糸が引っ張られるという心配はないかと思うので😊


次に糸の結び目についてです。

この糸はすごく好きで、ビーズ編み以外の作品でも使わせていただき、全部合わせるとけっこうな玉数を編みました。

結び目が出てくるかどうかを気にして見ていましたが、一度も出てくることはありませんでした。

でも、もし遭遇したら(または違う糸を使って出てきたときには)、結び目よりも少し手前で一旦編むのをストップして、糸を切って糸処理をし、結び目を落として糸をつけ、また続きを編んでいってください。


あと、編み方のページにも書いてあるのですが念のため↓

このポーチにはビーズをたくさん使います。
最初から全部のビーズを糸に通してしまうと、ビーズを糸の向こうへ向こうへと送りながら編むのがすごく大変で、糸にも負荷がかかります。

ビーズを全部通しておくと糸切り、糸つけをしなくてよいというメリットはあるのですが、この作品に関しては、糸処理をするほうがはるかに楽です。

私はビーズの半量を2回に分けて通しました。それでも編みはじめは、ビーズ送りがけっこう大変。

私は一気に編みたいほうなので許容範囲でしたが、もしビーズを大量に送りながら編むことに抵抗がありましたら、3分の1の量ずつ、3回に分けて(その都度糸を切って)通すなどしてみてください。
ビーズ編みの凹凸があるので、糸処理はあまり編み地にひびかないかと思います。


ウールだから気をつかわなければいけないところもありますが、ウールにしか出せないこの風合いが本当にかわいくて、冬の宝物のようです。

もし編んでいただく機会がありましたら、楽しんでいただけるとうれしいです♪


毎度の長文、ごめんなさい。
お読みいただきありがとうございます!

みなさまもよい週末を♪
trackback URL
trackback list
comment list
[コメント投稿フォーム]

name(nickname)

URL

message

- CafeNote -