かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク


information

 < HOME
Ronique「かぎ針あみの冬ごもり」(文化出版局)
2018.09.13


Roniqueの新刊「かぎ針あみの冬ごもり」(文化出版局)が、amazonで予約スタートいたしました。

昨年の秋冬本、今年の春夏本ともに、たくさんの方のお手に取っていただきましたことに、あらためて感謝申し上げますとともに、今年の秋冬も、季節の編み物の一つとして楽しんでいただけますとうれしいです。

今回の本では、簡単な作りの、ちょっとウェア的な作品もいくつかあります。
昨年同様、冬を暖かく過ごすためのお出かけ用小物やお部屋向け小物などもあります。

また、ぽつぽつと製作こばなしもさせていただきますね。

お時間ありましたら、ぜひamazonで見れる画像をのぞいてみてください。

どうぞよろしくお願いいたします。
「3日で完成!カンタンかぎ針編み 帽子とスヌード A-Z」(朝日新聞出版)
2018.09.13


雰囲気も糸も素敵なこちらの一冊「3日で完成!カンタンかぎ針編み 帽子とスヌード A-Z」にベレー帽を掲載していただきました。

同じ種類の糸で、お色違いで編んだ2点が載っています!

アランや編み込みなどの作品も載っている素敵な本ですよ。

書店で見かけたらぜひお手に取ってみてください。
「夏のかぎ針あみこもの」が2度目の重版になりました
2018.08.09


著者「夏のかぎ針編みこもの」(文化出版局)が、今シーズン2回目の再販となりました。

たくさんの方にお手に取っていただきましたこと、本当にありがとうございます!

インスタグラムでは、#夏のかぎ針あみこもの のタグでもたくさんの作品ありがとうございます。

とってもうれしくなりながら、みなさまの作品を拝見いたしております。

全部にコメントでお礼をしたい気持ちなのですが、この場を借りて感謝申し上げます。

最近首肩のこりがひどくSNSも遠のいてしまい、気まぐれな出没ですみません。

またご報告などありましたら、お知らせさせてください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします✨
「かわいいかぎ針編み 浴衣に合わせたい和雑貨」(朝日新聞出版)
2018.06.03


「かわいいかぎ針編み 浴衣に合わせたい和雑貨」(朝日新聞出版)

こちらにバッグ2タイプを掲載していただきました。

ちょっとしたアレンジで2タイプ編めるレシピです。

浴衣はもちろん、お洋服にも合わせやすいかと思います♪

かわいい小物もいろいろ載っていますので、書店で見かけましたらぜひお手にとってみてください✨
Ronique「夏のかぎ針あみこもの」製作こばなし-10-
2018.05.22


「夏のかぎ針あみこもの」amazon画像で見れるシリーズ👒

すごく普通なデザインなのですが、実はこだわって編んだ帽子です。

トップに向かって山のような傾斜になっています。

1枚目は真正面からのショット。
かぶってもらうと、傾斜の山っぽさを実感していただけると思います。

これは密かにシャレオツな傾斜だ!と、人に気づいてもらえるか分かりませんが、ご自身で思っていただけるとうれしい、そんな帽子です。
Ronique「夏のかぎ針あみこもの」製作こばなし-9-
2018.05.21


「夏のかぎ針あみこもの」amazon画像で見れる作品シリーズ👜です。

こちらは縦長タイプのバッグ。
肩掛けできる長さのハンドルになっています。

側面は目数の増減がないので、お好みの高さまで編んで縁編みをすればOKです。

目の詰まった編み地が好きで、いろいろ実験しているうちにこんな編み地ができました。
縦にラインが入ったように見える編み地なので、使いやすい縦長バッグに。

編み会やワークショップの荷物入れなどにいかがでしょうか♪
Ronique「夏のかぎ針あみこもの」製作こばなし-8-
2018.05.20


こちらは「夏のかぎ針あみこもの」のamazonで見られる画像にあるバッグの色違いです。

本には黒が掲載されています☺︎

2枚のパーツをはぎ合せて仕立てるバッグです。

最後にバッグ口と持ち手の縁をぐるっと編みます。
どこを拾えばよいか分からなくなってしまうのが苦手なので、一定のテンポで目を拾っていける縁編みにしました。

かさばるお荷物のおともにいかがでしょうか?
Ronique「夏のかぎ針あみこもの」製作こばなし-7-
2018.05.16


ついつい個人的興味で編んでみたくなったアレンジバージョンです。

みなさまインスタグラムのタグ「#夏のかぎ針あみこもの 」では、いろいろなアイテムを編んでくださって本当にありがとうございます。

ひと息ネットバッグもたくさんの方に編んでいただけてうれしいです♪

ネットバッグは、底から編み進めていくのがオーソドックスな形かと思います。
ネットバッグが好きでいくつも編んでいるうちに、いつからか、もっと違う編み方はないかなと考えはじめるようになりました。
この作品に至るまでにいろいろな試行錯誤があり、ずいぶん遠い道のりだったのですが、ついに、思っていたような形にたどり着くことができました。

この本の「ひと息ネットバッグ」も、実は、ひと息どころかかなりの苦労があったのですが、本をお手に取ってくださった皆さまには、スルーっと編んでいただけるとうれしく思います。

夏のアイテムとしてはもちろん、インテリアのアイテムとしても、季節を問わず楽しんでいただけますように♪

- CafeNote -