かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

おとなリボン・3タイプ < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


おとなリボン・3タイプ


おとなリボン・3タイプ_かぎ針編み

お正月休みに、たっぷりあった余り糸を整理しました。
そんな余り糸で編めるリボンです。
こま編みベースの編み地で、シンプルなリボンにちょっと変化をつけてみました。3つともさり気なく違っているんですよ。

ゴムを通して髪飾りにしたり、ピンをつけてバッグに飾ったり。もちろん、子ども用にも♪

【材料】
中細の糸(深みどり、パープル、ピンク)
3号かぎ針

【サイズ】
縦 3〜3.5cm  横 7〜7.5cm

【作り方】
作り方は、説明とあわせて リボンA(深みどり)編み図リボンB(パープル)編み図リボンC(ピンク)編み図 でご確認くださいね。

@どのリボンも、くさりの作り目で48目作り、最初の目に引き抜いてわにします。
わにするとき、くさり目の上の1本と裏山(合わせて2本)をすくいます。1段目に編むこま編みは、同様に2本すくって編みます。

おとなリボンA_かぎ針編みAリボンAは、くさり編みとこま編みが毎段互い違いになるように編みます。11段目まで編んだら、糸を少し長めに残して切ります。













おとなリボンB_かぎ針編みリボンBは、奇数段で編んだくさり目を束にすくって、そこにこま編みを2目編み入れます。12段目まで編んだら、同様に糸を長めに残して切ります。













おとなリボンC_かぎ針編みリボンCの1段目は、編み図で示したところにこま編み3目編み入れます。
2段目以降は、前段のこま編み3目編み入れているうちの真ん中のこま編みの目に、こま編み3目編み入れます。

8段目まで編んだら、糸を長めに残して切ります。










Bリボンは、立ち上がり目の位置が中央にくるようにします(結び目位置にくるようにして隠すため)。
リボンの真ん中がへこむように形を整え、編み終わりで長めに残しておいた糸をぐるぐると巻いてリボンの形を仮止めしておきます。
このとき糸の巻き終わりから緩んでこないように、ぐるぐると巻いた糸の下に通して押さえておきます。

C結び目の編み地も編み図のように編み、リボンの中央に巻いて、端と端を巻きかがりでとめます。
2012.1.4