ワークショップレシピ「一枚仕立てのスリッパ」

販売価格 価格 ¥650 通常価格 単価  あたり 

税込

ちょっと変わった編み方の、かぎ針編みのスリッパです。

こま編みの増目・減目などの基本的な編み方がひと通りできる方なら、すぐに要領を得ていただけそうです。

こちらのレシピには編み図はなく、動画解説と画像解説たっぷりの内容になっています。

動画はゆっくり編みながら解説しているので(そして30分近くあるので)、見ている途中で、すぐに手を動かしてみたくなるかもしれません。

かぎ針編みは、編み地に厚みが出やすいですが、中でもこの作品の編み地はかなりの厚手です。
さらに太糸を使えば、ペラペラしないスリッパが編めてしまいます。

できるだけややこしくならずに編めるようにしたかったので、シンプルなデザインにおさまりました。

そして、使う方の足のサイズに合わせて、サイズ調整もしやすくなっています。

私は足が小さめなので、レシピに記載してあるサイズも少し縦に短めですが、足の幅は標準的なところかなと思います。
もちろん足の幅も調整可能ですし、幅はそのままで縦に長くするのも簡単なのでご安心ください。

あと、ぜひお伝えしておきたいポイントとしては、極太以上の太めの糸で編んでみてください!ということです。

私はこの編み方が楽しくて勢いで3足も編んでしまったので、使用糸の感想をお伝えしておきますと、ちょっとゴワゴワしているくらいの素朴な太糸なんかがピッタリ!という印象でした。

柔らかめの極太糸だと、ものによっては頼りないかもしれません。

写真の杢ブラウンの作品は、使用糸として記載しているAlafosslopiを使ったもの。
ダルマ ウールロービングも良い感じでした。

これくらいの太さがあったほうがかわいくて、編み地もしっかりして履きやすいです。

足の甲にクロスステッチ(レシピに図案あり)しているのがウールロービングの濃紺[col.5]です。
こちら2玉だと、私の小さめサイズのスリッパでぎりぎり(本当はもうちょっと欲しかった)なので、3玉あると安心ですね。

また違う糸で、子どもサイズも編んでみたいなと妄想中です。
足裏にアクセサリー用の透明ゴムなんかをとじ針でわわっーと縫いつけて、すべり止めにしても良さそうかなと。

量産は苦手な私ですが、このスリッパは別みたいです。

みなさんにも気に入っていただけたら・・・どこかの時点で〝実は簡単!〟と感じていただけるのではないでしょうか。

そんな新しいスリッパのレシピです。

一枚仕立てのスリッパ

[容易度]
基本技法のみ:★☆☆
間違いにくさ:★★★
テンポの良さ:★★★★☆
短時間で完成:★★★★


[編み図]
品番:WS03-001
形式:PDFファイル・A4・12枚
動画:約29分(動画では、見やすいように太い毛糸を使用しています)



[動画サンプル]


[使用糸]
Alafosslopi(アラフォスロピー)
[col.85]140g(2玉)


[参考作品の糸]
ダルマ ウールロービング
[col.5]100g(2玉)
刺繍用の並太毛糸 少量


▼余り糸の活用に
【無料編み図】まんまるバッグ
Alafosslopi(アラフォスロピー)48g使用

かぎ針編み 無料編み図 まんまるバッグ